読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せになるためのブログ

私は、自分の人生に貪欲に生きたい。幸せな生き方とはなにか、自分自身のために生きてみませんか?

3、今日よりも明日を幸せに生きるには。

 

質問です。

あなたは、いつから夢を持たなくなりましたか?

 

小学生の頃は、興味があるもの何でもなれると思っていました。

でも、成長するにつれ多くの人は、

何になりたいか?ではなく、何になれるのだろう?と考えるようになります。

パティシエやサッカー選手になりたい!と思っていたのに、

大学に入学し、別にやりたいこともなく、就活の時期が来たから、とりあえず大手企業から中小企業までたくさんの企業にエントリーし、受かったところに就職する。

 

大学の頃、私は友人に将来何をしたいか尋ねました。友人は、

『私は別に普通のOLでいいかな~』と。

 

~でいいかな?!

なぜ大学生が、19,20歳が、将来を既に諦めているのか。

普通のOLがいい、ではなく、なぜ普通のOLでいいなのか。

そこで、

『私は、起業して成功して、時間とお金に支配されない生き方をする!』と言ってみました。

すると友人は

『すごいね~、金持ちにはなりたいけど、私にはできないよ~』と。

 

さて、何ができないのでしょうか?

起業すること? やってみるのは簡単です(成功するかは別として)

金持ちになること? 方法は山ほどあります。

 

私は気づきました。

みんな、自分の可能性を信じていないのです

努力をしたら、しないより何かは変わります。人生の選択肢が増えます。

しかし多くが、努力をしても欲しかった結果がついてこなかったら、時間の無駄だ。と考えます。

0か100しかないのです。

新たな可能性を信じ、努力をすれば、その過程で必ず得るものはあります。

何かをすることより、何もしない方が時間の無駄なのです。

 

あなたは今いくつですか?

私たちはいつか死にます。人生が終わってしまいます。

でもあなたにはまだ明日があります。

今日よりも明日を、幸せだ!充実してる!人生楽しんでいる!!と感じたくはありませんか?

そのためには挑戦しなければなりません。今と同じままでは変わらないのです。

失敗したって大丈夫ですよ、死にません。

もし失敗して死にたくなるほど苦しかったら、逃げればいいのです。

何もしないあなたと、失敗を経験したあなたは、全くの別人です。

 

さあ、今すぐ行動しましょう。なりたい自分を想像し、なってみせましょう。

あなたの1度の人生を、素敵な人生に変えてみませんか?

                           M

2、憂鬱な日の考え方

 

あなたは嫌なことがある日、どう乗り越えますか?

 

仕事に行きたくない、学校に行くのがめんどくさい…

行かなければならないのに、行きたくないことってよくありますよね。

 

では、なぜ行きたくないのか?

 

嫌な上司がいる、疲れる、理由は分からないけどなんか嫌だ。

私はいつもこんな理由です。

 

そう、私が憂鬱な要因は、他人なんです。

上司に怒られたら嫌だな、友達と一緒に授業受けるのめんどくさいな、

愛想笑いも疲れたな…

こんな朝から憂鬱な時に、ある言葉に出会いました。

 

結局何をやるにしても気合と根性。ものごとを複雑に考えずにシンプルに。

商売なら熱心にものを売ればいい。成功の道は本当にこれだけだ。

BY堀江貴文

 

そうです!売ればいいんです!ただそれだけなんです!

私は、すべての出来事を複雑に考え、悩みをより難しくしていたと気づきました。

上司を恐れなくていい、愛想笑いなんかしなくていい。

ただ給料の代わりに、与えられた仕事をすればいい。

 

実際は、他者の存在を無視することはそんな簡単にはいきません。

しかし、考えるのは自由です。

人のことを全部忘れたら、気持ちが少しは楽になりませんか?

 

私たちは、感情を他者に振り回されることがあります。

しかしあなたはもうこの事実を知っている。

 

憂鬱な日、悩みがある時、もっとシンプルに考えてみてはどうですか?

きっと、あなたの問題は、思ったより単純なことだったと気づくかもしれません。

 

自分自身のために生きてみませんか?

                                  M

1、はじめに

 

あなたは今、どのぐらい人生に満足していますか?

私は、全然満足していません…。

物に恵まれ、友人も、愛する人もいるのに、何かが足りない。

 

それは、

自分自身です。

 

もっとあれがしたい、あそこに行きたい、あんな人になりたい…

たくさん夢はあるのに、何も行動できていない。

同じように感じている人は、たくさんいるはずです。

 

私は、もっと毎日を私自身のために生きたい。

このブログを通して、

なりたい自分になる努力をする人が増えたら嬉しいです。

 

                          M